メイクをワンランク上げる!化粧下地は何色を選ぶべき?

綺麗な女性17

普段のメイクに化粧下地を使用している人も多いかと思いますが、目的に合わせて効果的に使えていますか?自分に合ったカラーを効果的に使うことで、肌の悩みをカバーするだけでなく、メイクの仕上がりをワンランク上げることが出来ます。

カラーとテクスチャーを組み合わせて選べば、より自然で美しい肌へと導いてくれます。化粧下地の役割を学んで、自分の肌に適した化粧下地を選べるようになりましょう。

関連:新社会人や大学生必見!メイク初心者向け化粧下地の選び方

化粧下地の役割とは?

化粧下地は、ファンデーションの前に使用するもので、肌のベースを作るアイテムです。ファンデーションのノリが良くなり、メイクをきれいに仕上ることが出来ます。また、保湿効果や紫外線から肌を守る効果があるものもあり、スキンケア効果も期待出来るでしょう。

最も大事な役割は、肌の色を補正することで、肌の悩みをカバーし肌をきれいに見せることです。くすみやしみ、ニキビ跡などを上手にカバーしながら、ムラのない滑らかな肌へと導いてくれる優秀なアイテムです。

関連:血色の悪さや色ムラなどもカバーできる!化粧下地の色の選び方

肌の悩みは化粧下地のカラー選びが決め手!

化粧下地は、肌の色を補正することによって、ファンデーションの厚塗りで隠すことなく、肌の悩みをカバーしてくれる心強いアイテムです。しかし、自分に合ったものを選べなければ、肌の悩みをカバーするどころか、かえって目立たせてしまうこともあります。

また、選ぶカラーによっては、メイクが浮いてしまったり、疲れた印象を与えたりすることもあります。メイクの仕上がりをワンランクあげるためにも、自分の肌に適した色を見つけましょう。肌の色や悩みごとにおすすめのカラーを紹介するので参考にしてみてください。

肌に特別な悩みがない方にはベージュがおすすめ!

初めて化粧下地を使う人や、肌の悩みを抱えていない人におすすめなのがベージュです。ベージュは、肌の色に最も近いカラーなので、肌馴染みが良く、誰にでも使いやすいカラーです。1本で何役もの役割をもつBBクリームなどがあてはまるでしょう。

また、馴染みやすいカラーながらも、カバー力が高いものが多いのも特徴です。自分の肌の色と合うカラーを見つけにくい場合には、まずベージュを試してみることをおすすめします。

くすみやしみに効果的なのはイエロー!

綺麗な女性23

イエローも肌の色に近い色なので、とても使いやすいカラーです。日本人の肌によく馴染むカラーなのでベージュと同様、初めての人にもおすすめです。ベージュよりも明るいため、くすみやしみを効果的にカバーしながらも、明るい肌へと導いてくれます。

厚塗り感を防ぎながら、健康的でナチュラルな印象にしたい人におすすめです。

顔の赤みが気になる人におすすめのグリーン!

グリーンは、顔の赤みが気になる人におすすめのカラーです。普段から赤ら顔を気にしている人やニキビ跡に悩んでいる人、小鼻の赤みなどの部分的な赤みにも効果的です。グリーンが赤みを抑え、自然な肌色へと導きます。

しかし、赤みを消したいからといって、塗りすぎには注意が必要です。グリーンは赤みを抑える色なので、塗りすぎることで血色まで悪く見える可能性があります。使用する際は、薄く伸ばしたり、部分的に使用したりすることで効果を感じやすいでしょう。

加齢による黄ぐすみにはブルーが効果的!

ブルーも、グリーンと同様に肌の赤みを抑える効果があります。赤ら顔やニキビ跡に悩んでいる人に適しています。また、ただのくすみではなく、年齢を重ねることによって肌が黄色くくすむ「黄ぐすみ」に悩んでいる人には、ブルーがおすすめです。

肌の色を補正し、透明感のある肌へと導いてくれます。ブルーも塗りすぎには注意しましょう。かえって体調が悪そうな印象を与えかねないので、薄く伸ばすか、部分的な使用を心がけてください。

血色のいい肌に見せるならピンクがおすすめ!

グリーンやブルーとは反対に、ピンクは肌に血色感をプラスしてくれるカラーです。また、イエローと同じように日本人の肌には馴染みやすく、使いやすいカラーでもあります。血色が悪いことに悩んでいる人や、肌に疲れが出やすい人には特におすすめです。

明るく、いきいきとした印象を与えられるでしょう。赤ら顔やニキビ跡には逆効果なので、赤みのある場所は避けて使用してください。

女性的な優しい印象にするならパープル!

パープルは、ブルーとピンクのメリットを兼ね備えた色になります。透明感を与えるブルーと血色感を与えるピンクの役割を兼ね備えているので、バランスのとれた肌色へと導いてくれます。自分の肌に合うカラーを決めかねている人や、女性らしい優しい肌色にしたい人にもおすすめです。

ハイライトとして、部分的に使用しても効果的でしょう。

クマやたるみに効果的なのはオレンジ!

オレンジは肌色に近い色なので肌馴染みが良く、自然な明るさを与えてくれるカラーです。目元のクマや、たるみによって出来てしまった影に効果的です。ほうれい線にもおすすめなので、エイジングケアとしていつものメイクに取り入れることで、若々しい印象になります。

年齢肌が気になったら、ベージュの代わりに使ってみても良いでしょう。オレンジは肌の血色を良く見せてくれる効果があるので、ピンクが赤すぎたり、なんとなく合わないと感じたりしている人にも挑戦してほしいカラーです。

化粧下地のテクスチャーもポイント!

化粧下地は、自分の肌の色や悩みに合ったカラーを選ぶことが効果的ですが、テクスチャーによってさらに効果を引き上げることができます。厚塗りを防ぎ、きれいな肌に見せるためにも適したテクスチャーを選べるかは重要です。

自分に合ったカラーとテクスチャーを選ぶことで、化粧下地をより効果的に使用できるといえるでしょう。化粧下地のテクスチャーは大きく分けて4つになります。肌質によって選んでみてください。

伸びが良いリキッド!

化粧下地で多いタイプがリキッドです。リキッドとは液体タイプのテクスチャーで、ミルクタイプと呼ばれることもあります。乳液のように伸びが良く、軽くてさっぱりした使い心地が特徴です。汗や皮脂に強いものが多く、オイリー肌の人や皮脂が気になりやすい春や夏の使用がおすすめです。

保湿効果のあるクリーム!

クリームは、油分が多くしっかりとしたテクスチャーです。保湿効果が高く、肌をしっとりさせるのでファンデーションのノリが良いのが特徴です。毛穴の凸凹や、くすみカバーとしてもおすすめのテクスチャーといえるでしょう。

乾燥肌の人や、暖房などで肌が乾燥しやすい冬にも適しています。

スキンケア感覚のジェル!

ジェルは、伸びが良くみずみずしいテクスチャーです。肌を保湿し、ツヤを与えます。化粧水のような使用感で、肌馴染みも良いので、スキンケア感覚で気軽に使えるでしょう。肌への負担をほとんど感じないのが特徴です。

すっぴんのような印象を与えたい人におすすめです。

ムラなく広がるムース!

ムースは、化粧下地の中では珍しいテクスチャーです。ふわふわの泡が瞬時に肌に馴染むので、ムラのない肌を作ることが出来ます。不器用な人や、忙しい人におすすめです。さらっと軽いつけ心地と肌馴染みの良さに、はまる人も多いテクスチャーです。